ジャニフワ(Johnny's Future World)行ってきました。(ネタバレ含)

10月15日1部に行ってきました。記憶のまま書き連ねるので、めちゃくちゃなれぽ(?)みたいな感じになると思いますが。ちゃんと内容知りたかったら、ほかの人のれぽを参照願います。

 

私のはれぽというか感想になると思うので。

 

1度でいいからジャニワに入ってみたかったので、念願がかないました。ほんとに嬉しすぎる!!!一番最初に言っときたいのは、ジャニーズってすごいよね。っていうこと。梅芸のメインホールで1か月近く公演打てるんでしょ。どんなけファン居るんだよ。そんなんできるのってほんとすごすぎるよね(今に始まったことではないが)

 

梅芸入り口上にあるでかい看板。写真といえば、これくらいしか撮ってない。

 

f:id:zq15111x:20161016062236j:plain

 

私は開演40分前にくらいに梅芸ついて、写真撮って、幕間に食べるお菓子をファミマで買って、入ってグッズ買うという流れでした。

 

おなかすかない人はいいんだけど、どうしてもおなかすいちゃう人はファミマで何か買っていくことをおすすめします。時間も時間なので、ほんとにおなかすきます。

 

グッズは、13日から大判ステフォが発売になってたみたいなので、買いました。もちろん、パンフレットも買いました。

 

確か、平野・神宮寺・岩橋・岸・内が2種類、松田・松倉・森継・目黒・西畑・大西流星・向井・文一・龍太・赤名・正門・小島・恭平・道枝・長尾・丈一郎・大橋・リチャードが1種類だったはず。

 

パンフレットが、パスターパンフレットというなにそれ?みたいなやつなんですが、すごく保管しづらい。ほんとに高くてもいいからさ、今までの製本にしてほしい。1枚1枚ばらばらになってて、しかもA3サイズだからどうしたらいいのかわかんない。本棚にたてることは無理だと踏んで、磁石で袋ごとつるしています。

 

誰か簡単に保管できる方法ありましたら、コメントお願いします。

 

 

大判ステフォはもちろん、龍太君のを1つ買いました。誰がどんなけ売れてるんだろうか。。。

 

グッズを買って、席についたんですけど、今回当たってた席が神席中の神席でした。なんと、最前の中央ブロックって。。。何事。。。

 

ほんとにこんな席くるんだー。っていう感想でした。

 

ちっか、なにこれ状態ですよね。ほんとにわけわかんない。

 

まあ、なんやかんやしているうちに始まりましたよ。割と衝撃だったのが、立ち位置。というか、ラインっていうのがあるじゃないですか、それがなんというか。。。って感じでした(個人的に)

 

東ジュのことは全く分かんないので、あれなんですけど、関ジュの立ち位置なんか変わってない?って感じでした。

大体なんで、間違ってるところとかあると思います。

 

文一

大吾

康二

龍太 丈一郎 大橋 リチャード

流星 道枝 長尾

赤名 正門 小島

古謝 朝田 今江 末澤 真鳥

高橋 柊和 晴太郎 吉岡 大谷 溝口

陸 楽 岡 奥村 (ここのLINEもっといたけど思い出せない、ごめんなさい)

16年組

 

こんな感じ。文一と大吾くっつけて書いたけど、文一がかなり上って感じだった。

あとは、康二と龍太とかのLINEも一緒かなとか思ったけど、康二せりふ多いし、衣装も違ったので、上にした。

一番衝撃だったのは、やっぱり、龍太がバックじゃん!!!ってこと。

予想では、文一とか大吾とか康二とかとやんのかなって感じだったんだけど、丈一郎とかといっしょだったし、めっちゃ出るけど複雑だなと感じました。はい。

 

というのも、5人になるときはメインなのに、バックで踊ってたりするから大変だろうなという感じでしたね。この感じ2013年くらいに感じたのと一緒かな。多分違うけど、似たような感じ。あー、そこに入っちゃうのっていう。

 

一応関ジュのメインは5人なんだけど、1人だけ衣装違うとかね。なんかちょっとなーって龍太担の私からすると悲しかったです。

 

途中、悲しみの歴史の場面があるんだけど、その中でドイツのなんかの墜落のことやってたんだけど、そこで龍太君が軍服着て独裁者の言葉しゃべってってしてたんだけど、なんでこんなに独裁者ばっかなんだろう。似合うからいいけど。ドイツで独裁者っていうからには、龍太君のあの場面の役はヒトラーなんだろうけど。

 

その悲しみの歴史のあと、ショータイム的なものがあって、ビクゲ歌ってくれた。ビクゲの直前龍太君とか康二とか違う衣装で歌ってたから大変だろうな

って思った。

 

もちろん、ビクゲでは台宙もしてくれたので、満足です。ほんとに龍太君かっこいい。

 

1幕がおわり、2幕に突入。

 

お笑いコーナー始まりました。

最初に、5人漫才。5人漫才って見たことあるけど(もちろん芸人さん)、あのときも多いなって思ってましたが、案の定多かったです。あれ、2,3人がちょうどだと思う。

 

終わったところで、永瀬登場。あたり回でした。

 

永瀬が自己紹介ギャグやってました。(内容はほかの方のれぽ参照)

 

そこで、文一&大吾登場。しっかりとひげかいてました。そのとき、龍太君めっちゃ笑うの。なんなんだろうね、その、康二とかではそこまで笑わないじゃんってくらい笑うの。安心できるのかな。

 

なんか流れで自己紹介ギャグを文一がふられ、文一が大吾に振るという。

大吾ちゃんと自己紹介ギャグやって、文一はただの自己紹介してました。

 

文一は、そのあと龍太君に自己紹介ギャグふってました(確か文一だったはず、違うかも)龍太君はちゃんとやってました。人のギャグ見るのって楽しいですね。

 

なんやかんやでお笑いコーナー終わって、物語は進みます。はっきりどういう風に進んでいったのかは覚えてないので、エンディングまで飛ばします。

 

エンディングで、めっちゃ龍太君見ようとするといわち被ってくるのよね(下手の場合)上手行ったら行ったで岸君と被ったりすんの。なに?新手のいじめ?とか思うよね。頑張って龍太君見てたけど、見切れなかった部分が多かったです。

 

エンディングも、関ジュ4人(龍太以外のメイン)は水色のジャケットなんだけど、龍太は青のジャケットだったのよね。名前は紹介されてたけど、やっぱそこは複雑でしたね。

 

こんな感じで終わりました。

 

あと、1つエピソード思い出したんですけど、1幕のメイン以外が客席で踊るとき、走って客席降りていくんですよね。そのとき、陸くんの肩あたりをぽんぽんって龍太君してました。

 

陸君の気に入られ具合やばい。なんなんだろこれ。。

 

そんな感じで終わりました(2度目)

 

楽しかったです。いまのところ、現場はバンヴァンヴァーンのみなので、今から楽しみにしています。